XVL Contents Manager

ものづくり全工程を一気通貫する 3D 活用インフラ

製品概要

XVL Contents Manager(以下、XCM)は、ものづくり全工程を一気通貫する 3D 活用インフラを提供するシステムです。正式な設計情報となる XVL ファイルを管理・配信し、後工程部門にて XVL ファイルから作成した成果物も一元管理することできます。また、設計変更にも適切に追従するため検討漏れを防ぎます。これらの機能はコンカレント化を促進させ,製品リードタイムの削減や、コスト削減に貢献します。

対象となる業務

設計、生産技術、製造、サービス、カスタムサポート

製品の特徴

最新のマスター XVL に直接アクセス

PDM から変換された XVL ファイルを自動登録し、全社で簡単に共有できる仕組みにより、後工程での 3D 活用を加速させます。

最新 XVL データへアクセス

設計変更連動による帳票の自動更新

設計変更の見える化で帳票が常に最新化されるため、情報遅延による不具合発生を防ぎます。

帳票の自動更新

各部門にフィットした分業支援機能

各作業者の進捗を一覧で確認でき、検討内容をプログラムが自動でまとめることにより、分業による各作業のリードタイムを短縮します。

システム導入時のポイント

部門単位に移管できるシステム設定

部門に合わせて最適な設定を独自の判断で設定でき、全社レベルでの 3D 活用を早期に立ち上げることができます。

PDM からの独立性

XVL ファイルを介して設計情報を受け取るため、設計業務へ影響することなく、システム導入することができます。

スケーラブルな軽量 3D 専用システム構成

世界最軽量の XVL ファイルを対象として管理するため、保守・運用負荷は低くなります。

機能一覧

XCM の機能一覧です( 2018年 7月更新)

機能 XVL Contents Manager
利用 ファイル管理 フォルダー
XVL
ドキュメント
属性管理
公開/非公開
XVL 合成
設計変更通知
XVL Studio 連携
メーラー連携
自動処理 XVL 登録
帳票生成
分業支援
設計変更追従

機能特徴1
XCM へのアクセス方法は XVL Studio と Web ブラウザの 2 通りあります。 XCM の URL を指定するとそれぞれの画面上にログインダイアログが表示されます。

機能特徴2
XCM の一覧画面には常に最新の XVL ファイルが表示されますが、それぞれのファイル履歴も確認できます。

機能特徴3
編集中の XVL ファイルに発生した設計変更をメッセージで通知することで、設計変更の対応漏れを防ぎます。

機能特徴4
管理者が予めタスクにプログラムを設定することで、ファイル登録など各種自動処理を実行できます。

システム構成

ユーザーはクライアント端末の Web ブラウザから XCM にアクセスし、各種操作を行います。
XCM Hub はユーザー操作に応じ、DB の情報から必要な XVL ファイル等をファイルサーバーからクライアント端末に渡します。また、XVL の一括登録や Excel 帳票の自動作成などの XVL 製品を使ったプログラム処理は XCM Agent と呼ばれる処理端末が実行します。
これらのサーバーは図のように独立させることもできますし、一台の PC 内に含めることも可能です。

動作環境

XCM Hub 動作環境XCM Agent 動作環境クライアント PC 動作環境

XCM Hub の動作環境は下表のとおりです。

  ソフトウェア 備考
OS Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
どのエディションでも可能です。
Java 実行環境 Java SE 8 64bit版
Java EE
アプリケーション
サーバー
Apache Tomcat 7
HTTP サーバー Apache HTTP Server 2.4
Microsoft Internet Information Services 8.5
データベース
管理システム
Oracle Database 11g
Oracle Database 12c
Microsoft SQL Server 2012
Microsoft SQL Server 2014
Microsoft SQL Server 2016
LDAP サーバー Microsoft Active Directory

XCM Agent の動作環境は下表のとおりです。

  ソフトウェア 備考
OS Windows 7 64bit 版
Windows 10 64bit 版
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
どのエディションでも可能です。
Java 実行環境 Java SE 8 64bit 版
XVL 製品 Lattice3D Reporter Publisher
XVL Web Master
業務要件に応じてインストールします。
Lattice3D Reporter Publisher をインストールする場合は Microsoft Excel が必要です。

クライアント PC の動作環境は下表のとおりです。

  ソフトウェア 備考
OS Windows 7 32 or 64bit 版
Windows 8 32 or 64bit 版
Windows 10 32 or 64bit 版
どのエディションでも可能です。
Web ブラウザ Google Chrome
Internet Explorer
Microsoft Edge
Mozilla Firefox
XVL 製品 XVL Studio
XVL Player
Lattice3D Reporter
Lattice3D Reporter Viewer
業務要件に応じてインストールします。
Lattice3D Reporter (Viewer) をインストールする場合は Microsoft Excel が必要です。

製品に関するご不明な点や資料請求など、お気軽にお問合せ下さい。

XVL Contents Manager