いつでも、どこでも、誰でも。

XVL Web3D Manager

3D をもっと身近に

製品概要

XVL Web3D Manager は、製造現場で活用されていた XVL データから、3D サービスドキュメントや 3D 組立図を生成し、これを関係部署や取引先、顧客やサービスマン・ディーラが Web ブラウザで閲覧できるようにするための製品です。

いつでも、どこでも、誰でも

従来の 3D サービスドキュメントや 3D 組立図は、せっかく用意しても、閲覧には専用のビューワソフトをインストールする必要がありましたが、XVL Web3D Manager が作成したコンテンツは、閲覧環境*1に関わらず、いつでも、どこでも、誰でも、閲覧を可能にします。

*1 ブラウザ、デバイス

XVL Web3D Manager イメージ

対象部門

サービス部門( 顧客やディーラ/販売店向けに整備マニュアル・パーツカタログ類を作成、提供・配信している部門 )
設計部門( 製造、調達、仕入れ先など他部署や取引先と図面のやり取りをしている部門 )

メリット

3D CAD データをそのまま活用できる

サービス部門

従来のサービスドキュメントは、設計の 3D CAD データから 2D 図面を作成し、サービス情報の紐づけやイラスト作成を手作業で行い、ドキュメントを印刷し紙で閲覧していました。

XVL Web3D Manager は 3D CAD データから変換した XVL データと、予め用意したテンプレートから、マルチブラウザ・デバイスに対応した 3D サービスドキュメントを自動生成*2します。

*2 XVL Studio シリーズで編集作業( 分解図、バルーン、動作アニメーション等 )を行うことで、より高度な 3D サービスドキュメントの生成が可能です。

マルチデバイスマルチブラウザ

設計・調達部門、仕入先

XVL Web3D Manager は XVL データをそのまま 3D 組立図として配信できます。正面図、平面図、側面図 の3方向のビューや部品図など、これまで 3D CAD データから 2D 図面を作成していたコンテンツも、XVL Web3D Manager で自動生成*3できます。

*3 用途に応じて用意されたテンプレートと XVL データをもとに自動処理します。

設計データと Web コンテンツを一括管理できる

XVL Web3D Manager は XVL データと Web コンテンツをまとめて管理します。設計変更によるコンテンツの修正作業も自動処理で一括対応します。

セキュリティ設定もできる

XVL Web3D Manager は、配信する Web コンテンツに対して、関係部門、社内社外、お客様やディーラなど、閲覧対象者ごとにアクセス権限*4を設定できます。

*4 人数制限なし、アクセスログも取得できます。

特長

複数 3D CAD を XVL データに統合

XVL はあらゆる 3D CAD データ変換*5に対応しているため、利用部門や仕入先ごとに異なる 3D CAD データも 1 つのアセンブリデータとして活用できます。

*5 変換製品 XVL Converter シリーズ

躍動感のあるコンテンツを配信

2D のイラストではアニメーションを表現することができないため、正確な動きを伝えるためには文章による複雑な説明を行う必要がありました。3D データを活用することにより、複雑な編集作業をシステムで半自動化させることで、3D アニメーション*6など分かりやすい躍動感のあるコンテンツを配信できます。

さらに、タブレットをかざすとあたかも目の前に 3D モデルがあるかのような、利用者が直感的に情報を把握できるコンテンツ*7の提供も、今後予定しております

*6 対応予定
*7 リリース予定

閲覧ソフト不要

多くのお客様にコンテンツを利用していただくには、コンテンツを閲覧するための専用ソフトのインストールがネックとなります。XVL Web3D Manager は WebGL 技術を利用することで、閲覧環境に関わらずいつでも、どこでも、誰でも閲覧できるコンテンツを生成します。

サンプル

XVL Web3D Manager で生成した 3D サービスドキュメントとして、パーツカタログのサンプルコンテンツをご覧いただけます。

尚、本サンプルはデモ用にご用意したものです。ログインせずにどなたでもコンテンツを閲覧できます。

画面イメージ

システム構成

ユーザーはクライアント端末の Web ブラウザから XVL Web3D Manager にアクセスし、各種操作を行います。

Web アプリケーションのことを XVL Server Hub と呼んでいます。

また、XVL の一括登録や キャッシュファイルの自動作成などのバッチ処理は XVL Agent と呼ばれる処理機が実行します。これらのサーバーは図のように独立させることも、一台のマシン内に含めることも可能です。

動作環境

XVL Server Hub の動作環境は下表のとおりです。

  ソフトウェア 備考
OS Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
どのエディションでも可能です。
Java 実行環境 Java SE 8 64bit版
Java EE
アプリケーション
サーバー
Apache Tomcat 7
HTTP サーバー Apache HTTP Server 2.4
Microsoft Internet Information Services 8.5
データベース
管理システム
Oracle Database 11g
Oracle Database 12c
Microsoft SQL Server 2012
Microsoft SQL Server 2014
Microsoft SQL Server 2016
LDAP サーバー Microsoft Active Directory

XCM Agent の動作環境は下表のとおりです。

  ソフトウェア 備考
OS Windows 7 64bit 版
Windows 10 64bit 版
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
どのエディションでも可能です。
Java 実行環境 Java SE 8 64bit 版

クライアント PC の動作環境は下表のとおりです。

  ソフトウェア 備考
OS Windows 7 32 or 64bit 版
Windows 8 32 or 64bit 版
Windows 10 32 or 64bit 版
どのエディションでも可能です。
Web ブラウザ Google Chrome
Internet Explorer
Microsoft Edge
Mozilla Firefox

※ 関連情報: プレスリリース( 2018 年 4 月 11 日リリース )


製品に関するご不明点や資料請求など、お気軽にお問合せ下さい。

XVL Web3D Manager