XVLソリューション

設計情報の全社活用で製造業を革新するXVLソリューション

製品・ソリューション

ラティス・テクノロジーは、
超軽量化3D技術XVLで設計情報をコンパクトに全社に流通し、
流通するXVLを活用する業務別ソリューション群で、
設計情報を活用した全体最適を実現します。

他に追従を許さない類稀なる3D活用プラットフォーム

XVLパイプライン

設計情報を全社で活用する「真のPLM」により全体最適を実現します。これを実現するには設計のみならず、ものづくりにかかわるすべてのプロセスにおいて設計情報を共有することが不可欠です。超軽量3D技術XVLが、それを実現します。設計、試作、製造、販売、サービスといった製品開発と、設備開発からライン検討といった量産設備構築の双方で、3D情報を活用したデジタルものづくりを支援します。軽量XVLにより表現された設計情報がパイプラインを流れることで、全社規模のものづくり変革に貢献する、これがXVLパイプラインのコンセプトです。

XVLパイプライン概念図

1設計

デザインレビュー

3D CAD ではできない設計検証とコミュニケーションにより、図面品質の向上を支援します。

2試作評価

組立検証

組立工程、作業性を設計・検討し、出図リードタイムの短縮と試作レスを実現します。

3製造

製造指示書作成

誰でも分かる、どこでも見える2D・3D作業指示書作成でグローバル生産に寄与します。

4販売・サービス

サービスドキュメント作成

サービスドキュメントの実機レス製作と自動化により、先行着手とコスト削減を実現します。

5設備開発

メカトロ検証

メカの制御仕様や、制御ソフトの実機レス検証により、稼働までのリードタイム短縮を実現します。

6工程検討・ライン構築

生産設備検証

既存建屋・施設の点群と、新規設計データの重ね合わせ検証により、工場の垂直立ち上げを支援します。

CAD+1

メカCADだけでは不可能なことを可能にします。XVLパイプライン上のソリューション、たとえば、メカ3Dモデルを利用した制御ソフト検証、エレキとメカ情報の統合検証、現物とCADモデルの統合検証は、”CAD+1″のコンセプトの構想を実現するものです。

製品全体のモデル

3Dデジタルツイン

PLMにより定義される設計情報はXVLパイプラインにより上流から下流に流れるようになりました。次に行うべきことは、現場にある膨大な量のIoTデータを意味のあるデータとして上流に戻すことで、現場からの設計革新を実現すること。これを実現する新コンセプトが3Dデジタルツインです。IoTデータを分析し、設計のXVLモデルにマッピングすることで、設計の意図と現物の現実との差分を見える化します。ラティスは、現場に放置されていた膨大なIoTデータを宝の山に変えるためのソリューションをお客様とともに構築していきます。

デジタルツインとは?

XVL デモンストレーションムービー

ラティス・テクノロジーのすべてのデモムービーはYouTubeチャンネルでご覧になれます。

企業様の導入事例をご覧になれます。


XVLソリューション